スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっかくなので秋の夜長らしい話題とか

 相変わらず不定期更新のイヴィスティです、こんばんは。最近異常にカウンタ増えてるときがあるんですが・・・私なんかやってるのかな。自分の事ほど良くわかんないので・・・何か不快な思いさせてたらごめんなさい。
 前置きはおいておきまして、久々に日常ネタ。

 とはいえ、きっかけはやっぱりマジアカなんですが(苦笑)。
 
 雑学せーせき

 これ、私の雑学のサブジャンル成績の正答率です。

 ご覧の通り・・・「趣味」だけが異常にヘコんでおりますね(苦笑)。

 確かに雑学ではもともと、「趣味」と「その他」が難易度高めのジャンルなんですが、それにしたって黄玉のくせにこの数字はひどすぎます。

 とはいえ、問題回収をひたすらし続けて強化するなんて性に合わない私。

 せっかくだから自分の趣味も兼ねて知識増えればいいかなー。

 そういえば最近あまり本読んでないなあ・・・。

 ということで、最近私は推理小説の読み漁りを久しぶりに始めました。

 それも、昔ホームズにハマって以来ぜんぜん読んでなかった、海外もののミステリーをまた読み始めております。

 今結構気に入ってるのが・・・チェスタトンのブラウン神父シリーズ。海外もののミステリーのひとつのカラーとして、どうしてもその時代の思想が色濃くでるので、そういうのが苦手な人は読みにくいかもしれませんが、話が二転三転する展開はなかなか飽きさせません。

 でもね、推理小説って読むのとっても楽しいんですが、

 読み終わるスピードも早いんですよ、純文学とかに比べて。

 で・・・ヒマみては近くのブッ○オフとか覗くわけですが、

 海外のミステリーってあんまり置いてないんですよね、どうしても。

 サム・スペード、ペリィ・メイスンなどなど・・・見てみたい小説はいろいろあるんですが、どうにもなかなかめぐり合えません。「マルタの鷹」とかは映画にもなってるんですが、やっぱり活字で見たいし。

 かといって日本のミステリーはどうも気分じゃないとか言って読もうとしない私。

 もし・・・そんな私に「意外にオススメ!」という一冊があれば是非是非紹介してくださいませ。

 食欲も大事ですが、たまには読書の秋もいいものですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。