スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せーじ・おぶ・どらごんへの道

 完全にマジアカ日記となってきてますね・・・こんにちは、イヴィスティです。今年も・・・もうすぐおわりなんですねえ(しみじみ)
 さてさて、QMAⅥのロケテが随所で反響を呼んでるようですね。
 
 ジャンルが増えて形式が減ったりとか、ガルーダ先生がクビになるとか。喧々諤々なのは・・・まあ仕方ないかも。もっとも多答アカデミーにちょっとうんざりしてる私にとっては、JSTの統合はありがたい気もするのですが・・・。一多はどうあがいても回収したもの勝ちですしね。

 ま、今はとりあえずⅤなので。あと気になるのは残る検定の存在。

 いよいよ残り10個。次は間違いなくスポーツ系の検定がくるんでしょうね。ということでちょっと残りの検定を予想してみます。

 〇プロレス検定 

 もともと格闘技の問題がやたら少ないのが気になっていたので、すごく来そうな予感。相撲もあるかなあと思ったんですが、今相撲協会ゴタゴタしてるから・・・。でも個人的には最もわからない検定になりそうなんですが(苦笑)。

 〇アクション映画検定

 最初のアカデミー案内で使われている割に、未だ出てこない「映画検定」。たぶんくるとしたらこんな感じでくるんじゃないかな・・・と思っております。アクションはともかく「ホラー映画」で来たらまったくわからないですね。・・・ありそうだけど。

 〇2000年代検定

 来るとしたら一番最後でしょうね。Ⅵに検定モードが引き継がれるかどうかにもよるんでしょうが、たぶんないと思うので、Ⅴの一番最後で出すと思います。ギリギリまで出来事含めたいだろうしw 70年台より過去に遡ると、さすがにプレイヤーが着いていけないから、70年代検定はまず来ないでしょう。

 他にもいくつか予想はしてますが、とーぜんその為の勉強なんてしませんw 興味があったらやるかなー、位で。スポーツはオリンピックとかそっち系だと嬉しいんだけど・・・。

 さて、最後に今日のタイトルについて。

 いよいよ各地で予選が始まっている「賢竜杯」。私の地元では11/8に行われます。しかもタイミングよく休みだったもんだから、是非参加しようかな、と。

 今回は付近の猛者がことごとく集まってくるから、やっぱり激戦は免れない。でも出るからにはやっぱり勝ちたいじゃないですか。

 ところが、今回のわが地元のルールはちょっとだけ私にとって追い風。というのも、

 完全ボンバーマンルールなんですよ

 これはグラフを見つつ私が主に放っている武器。

 アニメ・特撮、アニゲ線結び、音楽、雑学四文字、生活一般、学問連想。

 見てのとおり無駄に使うジャンルだけは多いです

 あとは・・・スポーツその他鍛えればかなりいい感じかもしれない。

 もっとも一番の問題は武器の精度。最近気づいたのが、雑四字がかなりできることだったんですが、他はまだまだ自分の安定感がもう一歩。なので、ここからは自分の武器精度上げを徹底しようと思います。もちろんこれが全部ちゃんと使えればドラでも強力だし・・・。

 予選の結果も終わってから上げる予定です。せっかく強敵とやりあえるチャンスなので、いけるところまで行ってみたいですね。
スポンサーサイト
コメント

こんばんは。今回はオンオフに参加して頂きありがとうございました。結果の方は残念でしたが、またマッチできるといいですね。

北京のこともありましたからオリンピック検定は期待していたのですが、これまでには導入されませんでしたね。昔のオリンピックは全然わからないですけど、導入したら面白そうだと思いますけどね。

賢竜の予選に参加されるようで、頑張ってくださいね。

予選どきどきです

>ヴァン様、

昨日はお疲れ様でした。なかなか狙って魔神を・・・というのはやはり難しいですね。もちろん辿りつけても勝つのはまたタイヘンなのですが。

こんな予想はしてみたものの、次の検定は「昭和」と「ミステリー」だそうで。結局スポーツメインの検定はなさそうです。昭和って・・・いくら何でも幅が広すぎないかなあという気がしますが。

プロレス検定・・・元プロレスファンとしては実現したらうれしいけど、現状「小劇場レベル」な知名度を考えれば難しいでしょうね・・・('A`)
今までの検定のチョイスは一定のファン層や普遍性を元に選出されている気がするんですが、
そこからすれば昨今のプロレスはあまりにも沈下しすぎてるので・・・
人気絶頂期であった80年代検定にすら関連問題が出なかった事を見れば・・・

つか6では検定無くなってしまうんですか?
エリーザ先生もクビ?(;・∀・)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。